試行錯誤。体で起きている感覚を言葉にすること!

背骨のヒト(背骨コンディショニング協会インストラクター)山田桃世です。



今、私が意識していることをお伝えしてしまいますね。修行したいと思っていることです。



私は皆さまよりも少しだけ

運動経験があるかもしれません。

(もしかしたらです。ガッツリやっていた過去の話を含めてですから)



動いてきたとしても

皆さまのカラダの中で起きている違和感を

100%理解するということは

難しいです。



その違和感を知ろうと

「どこに違和感がありますか?」

「膝を伸ばすと心地よいというより、痛いですか?」

あれやこれとお聞きするようにしています。



〇〇の感じ

食レポみたいに、五感を言葉にする



運動感覚の場合の言葉

自身が選手だった頃は

意識をしたことがありませんでした。

(ですが、ここ最近はとても重要だと感じます)



指導者側から見てみると


感覚を

適切な言葉にすることは


受けとる側の

運動感覚に、影響を与える!

と思うのです。



病院に行ったとして、

「どんな痛みですか?」

「どんな風に痛みますか?」

痛みの感覚を言葉にするのも、難しいですよね。



難しいんですよ。



運動感覚の言葉を磨く努力を

怠ってはいけませんね。






背骨コンディショニング/心身美活

運動で治せる!?痛みや不調を改善する運動プログラム「背骨コンディショニング」 札幌・石狩・当別・南幌・岩見沢・千歳、13か所でグループ体操(教室)やパーソナル指導。講座開催、指導者養成講座行っています。 心身の真の癒し、心身の健康のために活動しています。

0コメント

  • 1000 / 1000